[ パリ編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


ベルサイユ宮殿(外観)

宮殿の像 ベルサイユ宮殿はパリ郊外(パリから南西20kmほど)にあります。

贅を尽くしたブルボン王朝の象徴ともいえるのが、このベルサイユ宮殿です。
1682年ルイ14世が建てた豪華絢爛な宮殿と庭園のあるベルサイユは、1789年の大革命までフランスの政治、文化、芸術の中心となる宮廷でした。
水の前庭からの宮殿 ラトナの泉と大運河
水の前庭からの宮殿

神話に登場する人物や動物の石像や銅像、ブロンズ像は、庭園のあちこちに置かれています。
ラトナの泉と大運河

アポロンの神話をテーマにしたラトナの泉には、カエルにされた村人の姿が愛敬たっぷり。向こうには長さ1,650mの大運河が拡がっています。
敷地内を走る車 王の中庭
敷地内を走る車

庭園見学の車も、景観を損ねないよう配慮されたデザイン。
王の中庭

門を入ると、大理石が敷きつめられた中庭があります。
王の中庭パノラマ
王の中庭パノラマ

とにかく大きいベルサイユ宮殿。3つの宮殿と庭園、大庭園とその他の建物からなるベルサイユの敷地面積は800ha、道の全長20km、樹木20万本、屋根の総面積11ha、部屋の数700などを見てもスケールが壮大さがわかります。
南の花壇
南の花壇

南の花壇は、王妃の宮殿の窓の下につくられています。 花壇には「アラベスク模様」が描き出されています。
【DATA】
所在地:RER-5号線でヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ行き終点下車
開園時間:宮殿=9:00-18:30(5/2-9/30)、9:00-17:30(10/1-4/30)
庭園=7:00-日没(10-4月は8:00-、日没は17:30-21:30頃)
入園料:王の大居室コース=45フラン
← パリトップに戻る ベルサイユ宮殿(内装) →

凱旋門エッフェル塔ルーブル1ルーブル2オルセー→ベルサイユ1→ベルサイユ2ノートルダムオペラ座セーヌ川沿いパリ街並み

▲ページのトップへ戻る