[ カイロ編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


クフ王のピラミッド


クフ王のピラミッドは紀元前2560年クフ王によって建てられました。一辺230m(現在は220m)・傾斜角51.50の四角錐は、その面が正確に東西南北を向いています。高さは146m(現在は137m)とピラミッドの中でも最大で、現在でも石造建築では最大です。パリのエッフェル塔ができるまで(1889)は、現存する世界一の高さを誇る建造物だったというのもすごいことです。
クフ王のピラミッドを斜めから
クフ王時代の入口(上)と現在の玄室への入口(下)
大きさを実感!クフ王のピラミッド正面
石に寄りかかる警備員
わずかに残る石灰石の化粧
積み上げられた石の上でくつろぐ観光客
【DATA】
所在地: カイロからタクシーで30〜40分
開場時間: 9:00〜16:30
休日: 無休
料金: 20エジプトポンド(ピラミッド/スフィンクス地区共通)
※玄室、太陽の船博物館は別料金
← カイロトップに戻る カフラー王のピラミッド →

博物館1博物館2モハメッド・アリ・モスクハン・ハリーリクルーズクフ王ピラミッドカフラー王ピラミッドメンカウラー王ピラミッドパノラマスフィンクス太陽の船

▲ページのトップへ戻る