[ 西安と2度目の北京編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


華清池

西安市の東約30kmのところにあり、秦の時代から現在まで約3000年続く温泉の名所です。747年玄宗皇帝により冬の離宮として華清宮を建て、寵愛する楊貴妃との時間を過ごしました。現在の建物は清朝末期に西太后が築いたものです。
九龍湖の楊貴妃像 九龍橋
九龍湖には温泉を思わせる
なまめかしい楊貴妃の像が...
九龍橋に8頭、建物の下に1頭の
龍がいて水をはいています。
("9"は皇帝の数字だそう)
飛霜殿 浴槽密集エリア
飛霜殿は玄宗と楊貴妃の
寝室。(再建)
以下のおふろはすべてこの
エリアに密集しています。
蓮花湯 海棠湯
蓮花湯は玄宗皇帝のお風呂。
10.6m×6mの白大理石造り。
海棠湯は楊貴妃のお風呂。
3.6m×2.7mとちょっとコンパクト。
星辰湯 殿宇遺基
星辰湯は唐の太宋李以降の皇帝の
おふろ。18.2m×5mとプール並み。
殿宇遺基。着替えと休憩をする場所で、
床はお湯を流す床暖房となっています。
尚食湯 足湯
尚食湯。皇帝や妃に仕える
ひとたちのおふろ。階段前にある
丸い穴はいまだ用途不明だとか。
現在も温泉が沸いているので、
足湯であたたまることもできます。
【DATA】
所在地 西安市臨潼区
開館時間 7:30〜18:00
休館日 なし
料金 40元
次は咸陽へ...
乾陵(けんりょう)

ぷろろーぐ→【西安】兵馬俑坑博物館(その1)(その2)(その3)(その4)華清池乾陵永泰公主墓法門寺楊貴妃墓陝西歴史博物館(その1)(その2)(その3)(その4)碑林博物館鐘楼・鼓楼西安城壁清真大寺大雁塔小雁塔→ 【北京】万里の長城(八達嶺)(司馬台)明の十三陵天安門広場故宮博物院(外宮)(西側)

▲ページのトップへ戻る