[ 西安と2度目の北京編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


鐘楼・鼓楼

鐘楼
1384年西大街の広済街口に建てられた鐘楼が、1582年現在の場所に移築されました。夜が明けると鐘のゴ〜ンという音とともに城壁の門が開けられました。中国にはあちこちに鐘楼と鼓楼がありますが、その役目(開門:鐘、閉門:太鼓)と位置関係(鐘楼:西、鼓楼:東。西安では移築されたので逆ですが...)はどこも同じだそう。
鐘楼 鐘楼内部
東西南北にのびる大通りの
交差点に建つ。高さ36mの
木造建築。土台はレンガ。
鐘楼内部では中国の楽器に
よる演奏が催されていました。
西方向 南方向
西方向。突き当りには(かすんでいま
すが)西門があります。右手には鼓楼。
南方向。突き当りには南門。
ANAホテルから鐘楼までの
この通りはよく歩きました。
北方向 東方向
北方向。今回の旅では歩く
機会がありませんでした。
東方向。たくさんショップが
ある繁華街です。
暮れかけ時の鐘楼 ライトアップの鐘楼
暮れかけ時の鐘楼は神秘的。
大きな写真(KB)
夜にライトアップで浮かび上がる鐘楼。
鼓楼
鼓楼は1380年に建てられました。かつて日が暮れるとドンドンと太鼓がたたかれ、西安の門は閉ざされました。
西大街から見た鼓楼 鐘楼から見た鼓楼
西大街から見た鼓楼。
高さは34m。
鐘楼から見た鼓楼には、
大きな太鼓が。
【DATA(鐘楼)】
所在地 西安市鐘鼓楼広場
開館時間 夏季 8:00〜19:00 (冬季8:30〜18:00)
休館日 なし
料金 15元
次は西安城壁
(西門・南門・シルクロード起点)

ぷろろーぐ→【西安】兵馬俑坑博物館(その1)(その2)(その3)(その4)華清池乾陵永泰公主墓法門寺楊貴妃墓陝西歴史博物館(その1)(その2)(その3)(その4)碑林博物館鐘楼・鼓楼西安城壁清真大寺大雁塔小雁塔→ 【北京】万里の長城(八達嶺)(司馬台)明の十三陵天安門広場故宮博物院(外宮)(西側)

▲ページのトップへ戻る