[ レバノン編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


アンジャル

アンジャルは、アンチレバノン山脈のふもとに拡がるベカー高原にあります。8世紀初め、ダマスカスに都をおいたウマイヤ朝のカリフ、アル・ワリード1世が、山脈からの豊かな水の恩恵を受けるこの地を避暑地として、離宮を中心とした都市を建設しました。建材の一部には、隊商の中継都市だったこの街にもともとあった、ローマ時代やビサンチン時代のものが転用されています。華やかだったアンジャルの街は、アッバーズ朝の時代になる40年後には破壊され、姿を消します。イスラム都市アンジャルは、1984年世界遺産に登録。
カルド テトラピュロン
カルド(南北を走る通り)を歩く。
かつては600を越える店が軒を連ねていた。
十字路に建つテトラピュロン。
4基のうち、残っているのはこの一基のみ。
アンジャル遺跡パノラマ
レバノン杉に囲まれたアンジャルの遺跡は、静かで閑散としていました。
それにしても、遺跡観光ではときどき、ヨーロッパからの旅行者が時間に
追われることなく、読書をしているところに遭遇します(うらやましい...)。
モスク跡 宮殿正面
瓦礫が転がるのみのモスク跡。 当時の姿がうかがえる宮殿正面。
宮殿跡パノラマ
復元された宮殿跡のパノラマ。ウマイヤ朝時代の2層のアーチと、雪が残るアンチレバノン山脈が美しい。
第2宮殿あたり 公衆浴場跡
宮殿の北側にある第2宮殿あたりにも
アーチが見られます。
遺跡の北側(入口近く)にある
ローマ時代の公衆浴場跡。
モザイク レバノン杉
モザイクが土をかぶった姿で残っていました。 杉ではなくマツの一種というレバノン杉。
【DATA】
所在地 レバノン東部(ベイルートから東へ約50km)
(シリアからレバノンの国境を越えてほどなく。シリア・ダマスカスからは40km。)
入場時間 8:00〜日没まで
次はベイルート市内
ぷろろーぐバールベック(その1)→バールベック(その2)→バールベック(その3)→アンジャルベイルート市内ベイルート郊外

▲ページのトップへ戻る