[ シリア・ヨルダン・レバノン遺跡めぐり編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


シリア編

■シリアの見どころ■
シリアの遺跡
パルミラ(アラブ城からの夕景) シルクロードのオアシス都市として栄えた古代遺跡。
美しい女王、ゼノビアの夢の跡...。
パルミラ(早朝散歩)
パルミラ(日中散歩)
パルミラ(ベル神殿)
パルミラ(墳墓の谷と考古学博物館)
ボスラ(円形劇場) 黒い玄武岩で造られた隊商都市。
ボスラ(街並み)
ダマスカス
ウマイヤドモスク ウマイヤ朝時代(現存する世界最古)のモスク。
アゼム宮殿 ダマスカス地方総督アゼムによって建てられた宮殿。
スーク・ハミディーエ ダマスカス最大規模のスーク(市場)。
シリア国立博物館 シリアを代表する博物館。
聖アナニア教会と聖パウロ教会 聖パウロゆかりの教会。
カシオン山 ダマスカスを見下ろす山。人類最初の殺人現場!
ちょっと立ち寄り
マルーラ キリストが話していたというアラム語が残る地域。

ぷろろーぐ
■シリア編のひとりごと■

<到着当日>
[行程]
ヨルダン出国・シリア入国→ボスラ→ダマスカス

ヨルダンからシリアへは、バスでの国境越えです。簡単なパスポートチェック(表紙しか見ていなかった)で入国審査を終え、シリアのバスに乗り換えてボスラへ。

ボスラには中東で最大というローマ劇場があります。ヨルダンのアンマンでは、ヨルダン最大の円形劇場に訪れることができなくて残念な思いをしましたが、大規模なボスラのものを目の前にすると、その思いはそれとなくうすらいでゆくものですね。

ボスラの遺跡は、観光客がそんなに多くない「住宅地に馴染みすぎている遺跡」。その場所の息づかいみたいなものが感じられる、のんびりとしたところでなかなかよろしい。でも、曲がり角の多い入り組んだ道が多いから、ちょっと何かに気をとられると、グループを見失いそうになったりして、ときどきヒヤッとします。

そして、宿泊地ダマスカスへ。着いたのは夜ですぐ夕食をとり、その後ホテルの近所を散策してみましたが、おもしろショップらしきものはなさそうでした。


ボスラの遺跡で出会ったネコ。
ぞろぞろと通り過ぎる突然の
お客に驚いた様子?

<2日目>

[行程]
ホテル→<ダマスカス市内観光>カシオン山→シリア国立博物館→スークハミディーエ−(徒歩)→アゼム宮殿−(徒歩)→ウマイヤドモスク−(徒歩)→聖アナニア教会−(徒歩)→まっすぐな道−(徒歩)→聖パウロ教会→<パルミラ>アラブ城→ホテル

いつもホテルをチェックアウトする朝はあわただしいけど、この日は宿泊していたダマスカスの市内観光スタートだから、結構のんびり。

はじめに訪れたカシオン山は、ダマスカスを見下ろせる山。空気がかすんでいて残念でしたが、そんな中所々あるモスクの丸屋根を見つけると、なかなか見ることのできないアラブの街の眺め〜って実感します。市街に戻り博物館の至宝を見学し終わった頃、めったに雨は降らないというダマスカスでパラパラと雨が降り出しました。気温も低くなり寒かったので、スークで雨しのぎにもなるマントタイプのコートを購入。アゼム宮殿からウマイヤドモスクのあたりでは、まるでスコールのように強烈。しばし雨宿りをして小降りになってきたら、徒歩で各スポットめぐり再開です。「まっすぐな道」は狭い道路をひとと車が雑多に行き交うので、グループを見失わないように気を使いつつ、かつ雨でできた黒い水溜りにも気をつけつつと、旅情に浸る間はありませんでした...。観光の最後に、もう見慣れてしまったアラビア料理の昼食でした。

ダマスカスを出発したあとは、200km以上離れているパルミラまで、バスでひたすら走ります。途中から乾燥地帯の続く景色が広がるばかりとなりましたが、砂漠でもまたもや雨。ようやく止んだと思ったら、フロントガラスに収まりきらないほどの大きな虹が!一行バスから下車して虹を眺め、はしゃいだのでした。さらに進むと徐々に緑の茂る場所が見えはじめ、ようやく柱の点在するパルミラに到着!しかしそこは通り過ぎて、アラブ城に直行。山の上からのパルミラを、日が暮れるまで堪能したのでした。

雨上がりの虹が
シリア砂漠にかかりました

アラブ城では消えかけの虹に。

<3日目>
[行程]
ホテル−(徒歩)→<パルミラ>−(徒歩)→ホテル→考古学博物館→墳墓の谷→ベル神殿→記念門〜バールシャミン神殿→マルーラ→ダマスカス

この日は早朝(朝4:00!)に起きてパルミラを散歩。遺跡近くのホテルに宿泊しているからこその贅沢。外が暗いうちにホテルを出て、冷たく強い向かい風に押し戻されそうになりながらも、日の出までには遺跡に到着。空が段々薄明るくなってきたので写真を撮ろうと思ったのですが、なにせ強い風が吹き続けるもので上体が揺れてしまって、なかなかうまく撮れませんでした(きっと三脚があっても倒れるくらい)。

貸切のパルミラとお別れするのは名残惜しいけど、な〜に、またすぐに会えるし!朝食抜きでは活力が沸かないし!ということで、ホテルに戻ってパンとドリンクで腹ごしらえ。集合時間に間に合わせたのでした。


ちょっと離れた博物館と墳墓の谷をまず観光してから(まだパルミラ遺跡のメインステージに足を踏み入れていない人は、周辺からの観光なのでちょっと気がはやったかも(^^)、いよいよベル神殿です!ここは開門時間が決まっているので、早朝散歩では入れなかった場所。イメージしていたより大きい神殿にビックリです(ローマ劇場はボスラを見た跡だったからか、結構小規模だったので、そのスケールで想像していた)。

早朝に歩いたエリアも、日中の日差しでは印象が全然違います。なんといっても、吹く風がやさしくて暖かいし。それにしても、フリータイム30分は少なかったな!個人的にはマルーラがなくてもよいので、パルミラでもっと過ごしたかった...。昨今の遺跡ブームで、通好みの印象だったパルミラもメディアでよく見るようになったから、そのうちペトラと同じくたっぷり時間を過ごせるコースも充実してくるかも。


ランチはパルミラを見下ろすレストランで!

<4日目>
[行程]
ダマスカス→<レバノンへ...>

まずはパルミラ(アラブ城からの夕景)

ぷろろーぐパルミラ(その1)→パルミラ(その2)→パルミラ(その3)→パルミラ(その4)→パルミラ(その5)→ボスラ(劇場)ボスラ(街並み)ウマイヤドモスクアゼム宮殿スーク・ハミディーエシリア国立博物館聖アナニア教会と聖パウロ教会カシオン山マルーラ

▲ページのトップへ戻る