[ ペルシャ文明(イラン)探訪 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


イスファハン編

■イスファハンの見どころ■
イマーム広場パノラマ モスクや宮殿の建つイマーム広場のパノラマ写真。
イマーム広場ライトアップ 夜のイマーム広場とシオ・セ・ポル。
イマーム・モスク(その1) アッバース1世が建造したモスク。
イマーム・モスク(その2)
シェイク・ロトフォッラー・モスク アッバース1世の個人礼拝所。
アリー・カプー宮殿 アッバース1世が迎賓館として増改築した宮殿。
ゲイサリエ・バザール イマーム広場に接するバザール(商店街)。
チェヘル・ソトゥーン宮殿 アッバース2世が迎賓館として建てた宮殿。
ハシュト・ベヘシュト宮殿 サファビー朝時代のシャー、スレイマンが建てた宮殿。
金曜日のモスク(マスジェデ・ジャーメ) セルジューク時代のモスク。
シオ・セ・ポル(33橋) ザーヤンデ川に架かる33のアーチを持つ橋。
ハージュ橋 ザーヤンデ川に架かる八角形のテラスが特徴的な橋。
バンク教会 17世紀半ばに建てられたアルメニア人の教会。

ぷろろーぐ
■イスファハン編のひとりごと■

<5日目>

[行程]イスファハン市内観光(1)
ホテル(イスファハン)→イマーム広場(イマーム・モスク)→バンク教会→シオ・セ・ポル(33橋)→ハージュ橋→金曜日のモスク→ハシュト・ベヘシュト宮殿→イマーム広場(ライトアップ)→シオ・セ・ポル(ライトアップ)→ホテル(イスファハン)

今回のイラン旅行で、一番ハードだったのはこの日かもしれません。朝一で朝食をとったあと7時半にホテルを出発し、みんなより一足早くイマーム広場へGO。

ホテル(アバシ)からは徒歩10分くらいで到着。観光客のほとんどいない広場を練り歩き、8時過ぎにはイマーム・モスクへ入場。モスクの中央は半分ほど足場に覆われ、増設作業まで...。現場のおにーちゃんはフレンドリーで、「ハウアーユー」といってビスケットをくれようとしました。片手には水筒をもっていたから、きっとこれからチャイタイムだったんだね。その後広場をぐるり一周してずいぶん冷えてしまいましたが、ホテルまで走ったらもう体はポカポカです。

朝一番のイマーム・モスク。
池に氷が張るほど寒かった...。

バンク教会では、おちゃめな(?)女子学生に囲まれて、「名前は何?」「出身はどこ?」と直球の質問攻め。みんなも名前を言ってくれるのですが、リピートできない難しい名前もあったり。イランのほかにアフガン出身の女の子もいました。何かとコミュニケーションを取りたい年頃なようで出会う度に「ハウアーユー」、しかもスターでもないのにノートへサインまでリクエストされ...。せっかくなので、写真をとらせてもらいました。

2つの橋は徒歩で往復観光。同じ川に架かる橋とは思えないほど橋の長さは違いますが、それぞれに美しさをもった構造物です。

この時期、イスファハンの各施設は夕方4時でクローズしてしまいます。チュヘル・ソトゥーン宮殿も例外にもれず閉まっていたので翌日観光へ。おわびも兼ねてと旅行会社が設定してくれたチャイハネを断り、宮殿から歩いてすぐのイマーム広場に再び向かい、夕方から夜景の2時間ほどをふらりとさまよいます。

夕暮れ時はシェイク・ロトフォラー・モスクのトルコブルーが黄金に輝き、なんとも神秘的な姿を見せてくれます。この時期は太陽が低いせいか、イマーム・モスクは朝同様夕刻も逆光。日中の優美なモスクの姿は、明日にかける!薄暗くなると体の芯から冷えてきたので、ちょっとバザールを散策しました。広場に面したショップは閉まっていますが、職人さんがいる店は開いているところもあったので、ウィンドウショッピングしながら凍てついた体を解凍させていただきました。




夕暮れのイマームモスク
広場の街灯が点いてしばらくすると、広場の噴水が出てくるくると色が変わる照明があてられました。噴水沿いは特に寒いエリアですが、ライトアップされたモスクが見える噴水前からの夜景は、雰囲気満点。光量控えめなので、手ぶれリスク低減のため寒さこらえて何度となく写真を撮りました。そこで夜の散歩にきたグループと合流、夕食へと向かいました。

食事の後はホテルに戻り、まだ体が温まりきらないうちに徒歩10分ほどのシオ・セ・ポルへ。闇夜に浮かび上がるスラリと伸びた橋はうっとり見とれてしまうほどきれいなのですが、水際は冷たい風が吹いてとても寒いので長居はできませんでした(>_<)

夜のイマームモスク

<6日目>

[行程]イスファハン市内観光(2)→シラーズへ移動
ホテル(イスファハン)→チュヘル・ソトゥーン宮殿→イマーム広場(イマーム・モスク→バザール→シェイク・ロトフォラー・モスク→アリー・カプー宮殿)→(夜)シラーズへ

この日は、街もホテルも「A Happy New Year」の表示がある以外は特別なイベントもなく、静かに年が明けました。

朝9時前にホテルを出発。1時間ほどチュヘル・ソトゥーン宮殿を見た後は、夕方までイマーム広場に滞在。2つのモスクとバザール、そして広場を一望できる宮殿を観光し、あまりにも十分すぎるフリータイムは、広場内をパカラッパカラッと半周してくれる馬車にも乗りました(^^)

「飽きるほどイマーム広場」そんな1日でした。

アリー・カプー宮殿からの
イマーム広場
馬車に乗ってイマーム広場を観光。広場を半周してくれます。

まずは
イマーム広場の全景パノラマ

ぷろろーぐイマーム広場(パノラマ)(ライトアップ)イマーム・モスク(その1)(その2)シェイク・ロトフォッラー・モスクアリー・カプー宮殿ゲイサリエ・バザールチェヘル・ソトゥーン宮殿ハシュト・ベヘシュト宮殿金曜日のモスクシオ・セ・ポルハージュ橋バンク教会

▲ページのトップへ戻る