[ 海外の風景(西アジア等) ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


イラン・ペルシャ文明探訪

2007年12月27日(金)から2008年1月8日(日)
場所 テヘランヤズドイスファハン→ペルセポリス→シラーズ→アフワズ
天気 おおむね晴れでしたが、テヘランで大雪。
プロローグ

テヘラン イランの首都。博物館には国の至宝が集まる。
ヤズド ゾロアスター教の信仰が残る町。
イスファハン 美観を誇るイマーム広場が有名な町。
ペルセポリス 大ペルシャ帝国の遺跡。
シラーズ 有名な詩人を輩出したイランの古都。
アフワズ チョガザンビル・スーサ観光の拠点。

年末年始の海外旅行は、繁忙期でもほとんどツアー料金があがらず、旅情たっぷりのイスラム圏でペルセポリスという名遺跡もあるイランに決定!イランというとどうも危険な国というイメージがあるようですが(バムでの日本人学生誘拐が未解決の時期だった、ということもあって)、耳になじみがある「ペルシャに行く」というと、まわりの反応がまったく違うものになります。

最終行程表が届いてしばらくしてから、イラン航空の復路の便が欠航になったため、ツアーを8日間から10日間に変更としたい、と旅行会社から連絡がありました。帰国してからゆっくりしようと思っていたのですが、もともと休みだったので、ゆっくりする場所が日本からイランに変わったと思えばいいか、ということでOKしました。(出発まであと数日と旅行モードになってから、「キャンセル」という選択はないですよね...)

10日間のテヘランゆったり版行程表が届いた直後、またまた復路の便が飛ばないから12日間にできないか、との連絡。20名参加予定だったこのツアー、12日間になったことで参加できる人数が10人をきってしまうと催行中止となる旨をきき、気が気でない。まあ確かに直前になってのこのスケジュール調整はキツイ。結局参加者は半減。それでもなんとか10名参加となり、行けることになりました〜♪お値段据え置きで、おまけに紀元前の遺跡、チョガザンビルまで追加し催行してくれた旅行会社には、本当に感謝です。同時期にイランツアーの催行決定していた他社3社は、帰国延期を選択せず、催行中止したとのこと。間際にそんな状況に陥ったら、ほかの予定も立てられず、長期休暇はきっと抜け殻だ(ーー;

ちなみにイラン航空の欠航は機材の都合がつかないからという理由でしたが、これは定期便の機材を臨時のメッカ巡礼用にまわしたためという、イスラムならではの理由。

スーツケースは先に空港まで行き、最終行程表は出発日前夜に受け取るという異例のスケジュール。深夜までかかって手荷物の準備をおこない、寝不足気味(睡眠時間2時間...)で旅行スタート!

■コース■
ペルセポリス遺跡と美しき古都 魅惑のペルシャ文明探訪 12日間
(...のはずが13日に...)
出発日2007年12月28日(金)朝、帰着日2008年1月8日(火)夜。

■行程■
12/27(1日目)
【大阪】伊丹9:00発。成田16:00発。北京(中国)経由、翌 1:30テヘラン着。

12/28(2日目)
【テヘラン】終日テヘラン市内観光。

12/29(3日目)
【テヘラン】午前テヘラン市内観光。17:30ヤズド着。

12/30(4日目)
【ヤズド】午前ヤズド市内観光。 午後バス移動。18:30イスファハン着。

12/31(5日目)
【イスファハン】終日イスファハン市内観光。

1/1(6日目)
【イスファハン】イスファハン市内観光。 20:30シラーズ着。

1/2(7日目)
【シラーズ】終日ペルセポリスと周辺遺跡観光。

1/3(8日目)
【シラーズ】シラーズ市内観光。 翌1:00アフワズ着。

1/4(9日目)
【アフワズ】終日チョガザンビルとスーサ観光。

1/5(10日目)
【テヘラン】10:00テヘラン着。半日テヘラン市内観光。

1/6(11日目)
【テヘラン】午前テヘラン市内観光。 午後一般家庭訪問。空港へ。

1/7(12日目)
【テヘラン】テヘラン9:00発。

1/8(13日目)
【大阪】仁川(韓国)経由、成田16:00着。伊丹19:00着。

テヘランヤズドイスファハン→ペルセポリス→シラーズ→スーサ

▲ページのトップへ戻る