[ ボルネオ島クチン&バコ国立公園編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


クチン市内観光(その1)〜ネコ博物館他

ボルネオ島マレーシア領にはサバ州とサラワク州の2つの州があり、クチンはサラワク州の州都です。(サバ州の州都はコタキナバル)
■ネコ博物館
クチンはマレー語で「ネコ」を意味することから、ネコをテーマにした博物館があります。日本からのネコファン参りもあるそうです。
ネコ博物館は北部市庁舎の1Fにあります。 博物館の入口。
ネコに関する資料が所狭しと並べられています。 ネコの置物に囲まれて、さりげなく
ミイラが置かれています。
80年代に流行った懐かしの
「なめ猫」も。
張り子の猫たち。ビミョーな出来に
なんだか微笑んでしまう(^^;)
ネコをモチーフにしたものなら、
なんでも展示品になっていそうです。
ん?ネコ?トラ?
■クチンモスク
金色の屋根が印象的なモスク。
モスク前の芝には墓石が林立しています。 内部パノラマ。女性は髪を隠さないと
入れず、近づけたのはここまで。
■他観光スポット
ボルネオの生物や民族に関する展示が
されているサラワク博物館(撮影禁止)
サラワク焼きの工房。
マレーシアの国鳥である
サイチョウがモチーフの壺。
なぜか観光スポットにもなっている?
ロータリーのネコの像。
こちらは南部市庁舎。
(クチンの行政は北南に分かれています)
次は、クチン市内観光(その2)〜ウォーターフロント

プロローグクチン(その1)(その2)(その3)セメンゴグヌンガディンバコ国立公園(その1)(その2)(その3)(その4)ダマイビーチ

▲ページのトップへ戻る