別館企画展:令和2年2月22日まで ♪てんこもりの風景写真で旅気分♪
本館へはコチラ⇒
 
 
 シギリヤロックは、岩山の特異な景観と、美しいフレスコ画(シギリヤレディ)で有名な5世紀の遺跡です。フレスコ画は、岩山の中腹にある窪みに、わずかに残り、カーテンで覆って大切に保護しています。2014年に訪問しました。
 遺跡には早朝に訪れ、入場は一番乗りでしたが、フレスコ画のある場所は係員の到着が遅れて入れませんでした。待つか進むか悩みましたが、ガイドの勧めもあり、先に頂上を目指しました。
 フレスコ画は、下山時に見学しました。現地ガイドが公園関係者と知り合いだったので、立ち入り禁止のロープの内側に誘われ、混雑を避けて自分のペースで撮影ができました。(他の観光客の視線が痛かったですが。)
 
⇒本館「6つの世界遺産をめぐるスリランカ大周遊」へ ※本館では、より詳しく紹介しています。
⇒別館Topに戻る
 
岩山を目指して
入口 内堀 カワセミ
一番乗りです。   感動の出会いでした。
     
遺跡全景
岩山まで一直線です。
 
シギリヤロック
岩山全景 登山口 ライオンの入口(テラス)

よく見ると人工物があります。

  鋭く大きな爪。像の大きさが窺えます。
     
王宮跡
山頂に一番乗りです。ガイドが一言「You got win.」。
 
遺構群
少し下ると建物や池などの遺構が広がっています。
 
復路 ミラーウォール フレスコ画のある場所
引き返してフレスコ画に向かいます。 丁寧に仕上げた壁で、光沢があります。 ミラーウォールの上にあります。
     
シギリヤレディ
アプサラス(天女)たち(1) アプサラス(天女)たち(2) No.13
全部で18体。 状態は様々です。 有名な絵を紹介します。
     
No.11とNo.12 No.9とNo.10 No.7とNo.8
特に有名な絵です。 左と人気を二分します。 5世紀の色彩です。
     
⇒Top