別館企画展:平成30年7月28日まで ♪てんこもりの風景写真で旅気分♪
本館へはコチラ⇒
 
 フンデルトヴァッサーは、オーストリア出身の建築家であり、ガウディと並び称される建築家です。彼の作品は、いづれ世界遺産に指定されるでしょう。今回、わずかではありますが、彼の作品を紹介したいと思います。
 幸運なことに、日本(大阪)にも作品があります。この宝物は、確実に後世に継承しなければなりません。建物本体の維持はもちろん、この建物の景観を損ねる建築物を規制するなど、継続的な努力が必要です。
 
 
⇒別館Topに戻る
 
クンストハウス・ウィーン(美術館:開館1991年) ※オーストリア(ウィーン)
建物(西面) ※南側より 建物(東面)(1) 建物(東面)(2)
2017年撮影 2017年撮影 2017年撮影
     
 
建物内 壁面装飾  
2017年撮影 2017年撮影  
     
フンデルトヴァッサーハウス(集合住宅:竣工1986年) ※オーストリア(ウィーン)
建物(全景) ※北西側より 建物(北面) ※西側より 建物(北面) ※東側より
2017年撮影 2017年撮影 2017年撮影
     
 
柱の装飾(1) ※テラス下の空間 柱の装飾(2)  
2017年撮影 2017年撮影  
     
シュピッテラウ焼却場(ゴミ処理場:竣工1992年) ※オーストリア(ウィーン)
施設(西面) ※南側より 煙突 ※北側より 施設(東面) ※北側より
2017年撮影 2017年撮影 2017年撮影
     
舞洲工場(ごみ処理場:竣工2001年)と舞洲スラッジセンター(下水汚泥処理場:竣工2004年) ※日本(大阪)
(左後)舞洲工場と(右前)舞洲スラッジセンター 舞洲スラッジセンター
2013年撮影 2013年撮影
   
舞洲工場(東面) ※北側より 舞洲工場(西面) ※南側より 舞洲工場(西面) ※拡大
2013年撮影 2013年撮影 2013年撮影
     
 
舞洲工場(東面) ※南側より 煙突 ※南西側より  
2013年撮影 2013年撮影  
     
⇒Top