[ クロモリットKOBE ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



クロモリットKOBE

−レトロでエキゾチックなかおり漂う神戸に光の絵画−(2001.08.04/2001.08.05)
この夏、フランスの光の装飾「クロモリット」が神戸の旧居留地地区でおこなわれています。
クロモリットは、建物にあわせたデザインをスライドで壁に投影して「建物にお化粧を施す」芸術です。このイベントは白い石の壁面をもつ西洋建築が並ぶ旧居留地だからこそ、実現したといえます。

パンフレットではじめて神戸市立博物館の写真を見たときは「えらくカラフルでハデだなぁ」と思ったのですが、実際見てみると配色は派手ながら、さすが全体的にまとまっていて光のトーンは落ち着いたとても見事なものでした。

旧居留地に現存する4つの西洋建築で行われているのですが、それぞれデザインにいくつかバリエーションが用意されています。

8/4(土)に旧居留地を訪れましたが、思っていたより照明が暗かったので写真を撮るにはキツく、三脚なしてはISO400のザラザラ感が残る写真しか撮れませんでした。クロモリット中は通行規制がかかっていて、車道が片道歩行者天国になっており三脚もOKのようだったので、翌8/5(日)にも三脚持参で再訪することにしました。
「商船三井ビルディング」と「海岸ビル」のデザインが前日と違っていました。特に「海岸ビル」は、8/4はブルーで神秘的な雰囲気、8/5はイエローを基調とした暖色系でまとまっていて、まったく異なる表情に驚きます。

8/5は人出が少なく特に消灯間近の10時過ぎはガラガラでした。ゆっくり鑑賞を楽しむなら、レジャー客の少ない日曜の夜がお勧め。(8/5は花火大会が各地でおこなわれていたから、さらに少なかったのかもしれませんが)

単にスライドを壁に映し出しているだけではない「立体キャンバスにあわせた平面映像の投影」「壁面装飾の凹凸が生み出す光と影の効果」を楽しめるのは、クロモリットならでは。

この光の芸術は、夏の間だけ!
早速神戸に行くべし!!

まずは神戸市立博物館


◆ クロモリットKOBE
  神戸市立博物館 プチコンサート
プチコンサートは石田浩正さんの演奏でした。
  旧神戸居留地15番館
  商船三井ビルディング(北西)
  商船三井ビルディング(南西)
  海岸ビル

★クロモリットKOBE情報
期間 2001年7月18日〜2001年8月19日
時間 日没-22:30
場所 JR/阪神元町より徒歩10分
(海岸ビル→商船三井ビル→旧居留地15番館→神戸市立博物館)
阪急三宮より徒歩10分
(神戸市立博物館→旧居留地15番館→商船三井ビル→海岸ビル)
ホームページ http://www.kobe2001.or.jp/
問い合わせ 078-327-4141



▲ページのトップへ戻る