[ 神戸市立森林植物園のアジサイ園 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



神戸市立森林植物園のアジサイ園

−梅雨の風物詩あじさいが公園を彩る−(2006.07.01)

雨が続く梅雨時は外出が億劫になりがちですが、どうしても森林浴がしたくてアジサイを見に行くことになりました。神戸市立森林植物園は六甲の裏側にあり、4月〜10月の土日祝日に運行しているバスを使うと、三宮から40分ほど。この日は雨が降っていたので空いているかと思っていたのですが、さすがアジサイで名の知れた植物園だけあって、園内は傘の花も満開でした(^^)
神戸市立森林植物園のサイトで、花の状況をチェックできます

アジサイ園の最大のポイント!斜面をブルーに染めるヒメアジサイ。
右の大きな写真(158KB)
小道はあじさいの回廊。
雨の日の「水を得たアジサイ」は、それはもうイキイキとしていて見ても撮ってもその姿にウットリ。
アナベルという北米種のアジサイは、すずなりに咲いている姿が圧巻!
アジサイが七変化といわれるのも納得。ピンク、青、紫とカラフルな花々が咲き誇ります。
1ブロックの花がグラデーションに!
土質pHで色が変わるといいますが...。
純白のアジサイを発見!
色、花の形と本当にバリエーション豊富で、見ていて飽きません。
シーボルトの発見後100年以上を経て、神戸で再発見されたという幻のアジサイ「シチダンカ」。
シチダンカの群生。貴重な花が密集して
咲いているのは、植物園ならでは。
ヤマアジサイの黒姫。
他のアジサイより深い色をしています。
ベニガクアジサイ。こんなに鮮やかな
赤のアジサイを見るのは初めてです。
ナデシコガクアジサイ。
ギザギザの花びらが個性的。
日本生まれというヤマアジサイには、他にもいろいろありました。

イベントショットメニューに戻る

▲ページのトップへ戻る