[ 姫路菓子博2008と姫路城 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



姫路菓子博2008と姫路城

−今が旬の姫路菓子博へGO!−(2008.4.19)

さくらの季節が過ぎ、いよいよ4月18日より姫路で「ひめじ菓子博」が開催されました。GW後5月11日までの短期イベント、少しでも混雑を避けるため開幕2日目に行きましたが、すでに各パビリオンには60分〜120分の行列。う〜ん、出だしからここまでの人出とは...。昼過ぎ、「夢のスイーツカフェ」のケーキはすでに売り切れ。「三大美女のケーキ」に確実にありつくには、朝一番で一目散がよいようですね(^^;

姫路城横にある「姫路動物園」前の
ゲートから入場。動物園を経由して会場へ。
菓子博期間中限定で、小舟で
姫路城の内濠をめぐることもできます。
テーマ館「和と洋のシンフォニー」は、県立歴史博物館で。展示されている「お菓子でできた姫路城」。
人一人、松の葉一本までていねいに仕上げている職人技に感動!
いずれの館内も基本的に「撮影禁止」ですが、展示物の前が混雑でなければ撮影させてくれました。
2階の常設も見ることができます。地元の祭り、灘のけんか祭りのみこし(左)と大塩の獅子舞(右)。
歴史博物館前の待ち行列。
晴れの日は帽子必携です。
約35,000個のトリュフで作った巨大な
地球儀は「兵庫のお菓子館」に展示。
こちらも「兵庫のお菓子館」で展示されているお菓子の日本丸。
実物の50分の1の縮尺だそうです。
「お菓子の工場」と姫路城。
臨時の建物は、テントが中心。
チョコレートが溶岩のように流れる
「チョコレート火山」。まわりももちろん
お菓子でできています。
お菓子メーカーが出展している「夢のお菓子ランド」は特に行列がすごかった。
ゲームなどができて人気はあるのですが、個人的には優先度低でヨシ(−_−)
不二家のミルキーとヤマザキのハムロールをゲットしました。
会場では、満開の八重桜に出会えました。
しだれ桜もありました(^^) 会場内のどこからでも
姫路城が見えます。
【DATA】
場所 兵庫県姫路市本町
JR姫路より徒歩10分
期間 2008年は4月18日(金)〜5月11日(日)
ホームページ http://www.kasihaku2008.jp/

姫路城で春の名残「桜」をキャッチ!

姫路菓子博姫路城の桜

▲ページのトップへ戻る