[ 海外リゾートビギナーがいく!クラブメッドでモルディブの旅 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



海外リゾートビギナーがいく!クラブメッドでモルディブの旅

−クラブメッド・カニフィノールでリゾート体験レポート−(2009.11)
プロローグ
今までは、海外旅行=観光スポットを効率よくめぐる、の発想が基本。

クラブメッドのパンフレットは、大手旅行代理店の店頭でもよく見かけましたが、リゾート色がいっぱいのこのカタログを手にすることは、なかなかありませんでした。

海外旅行ではいつも時間に追われながら名所を巡り、楽しいながらもふと気がつけばくたくたに....。充実感はありますが、その一方で癒しのリゾートもいつかはしてみたい!という気持ちが膨らんでいました。

そして!この度、クラブメッドの体験レポーターというかたちで、その希望が叶うことになりました〜♪分刻みで観光地を動き回る感覚を捨て、美しい自然の中のリゾートで、まったりと過ごしてみようと思います。とはいっても、何もしない時間を過ごすつもりはなく、「リゾートなりの楽しみ方」を見つけるつもり!

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム「クラブメッド体験レポーター」は、リンクシェアというアフィリエイトのサービスを提供しているサイトからの案内メールで知りました。アフィリエイトは、自分のサイトやブログに広告を置いて成果報酬をゲットできるものですが、リンクシェアにはそれ以外にもモニター制度などがあります。今回たまたま「旅のレポートを書くことを条件に、1万円の旅行が当たる!」という自分の趣味(サイト)にあったものだったので応募したところ、ありがたいことに選出いただきました(^o^)/ホームページやブログをお持ちの方は、いま広告を始めなくても登録しておいてソンはないかも?!⇒リンクシェアの案内ページへ

実は、クラブメッドの具体的なサービス内容を知ったのは、このレポーターの応募がきっかけでした。エアー&ホテルだけではなく、リゾート地での過ごし方もトータルで提供しているということで、リゾートビギナーでも楽しめそうな予感(^▽^)。

↓↓↓↓↓ クラブメッドをよく知らない方のために、ここで少しばかりご紹介を ↓↓↓↓↓


クラブメッド

クラブメッドはフランス生まれで、現在世界25カ国で約80ヵ所のリゾートを展開しています。旅行代金に、交通費や宿泊費のほか、宿泊中の食事やドリンク代なども含まれる「オールインクルーシブ」というスタイルをとっているのが特長です。いろんなアクティビティやスポーツが充実していて、ベビーや子供用サービスもパッケージ内容に入っています。滞在中のチップ不要という手軽さもマル(^^) ⇒クラブメッドのサイトへ

モルディブは、珊瑚礁でできた小さな島々からなる国で、「1島1ホテル」の方式をとっているリゾート地。今回滞在するクラブメッド・カニフィノールは、北マーレ環礁にある島のひとつ「カニフィノール島」にあるホテルで、島がまるごとホテルなのです。

カニフィノール島をGoogle Mapで見てみると、真っ青なインド洋に浮かぶ楽園のような島、白い砂浜が遠くまで広がっていて、まさしく「南の島」イメージそのもの!はやく見た〜いo(>▽<)o

左下に花のように広がっているのが水上コテージ。レストランやバーなどの設備は島の中央に集まっていて、左右にヴィラタイプとホテルタイプの客室があります。

毎日テーマが変わるというインターナショナルビュッフェもかなり楽しみ(〃^_^〃)いっぱい遊んで、いっぱい食べるぞ〜!

大きな地図で見る

旅の行程は6日間。関空から毎日出発しているシンガポール航空で、朝出てその日の夜モルディブの空港着。その後スピードボートに30分ほど乗ってカニフィノール島へ。クラブメッドで3泊してほぼ3日間リゾートを満喫し、4日目の夜にモルディブとお別れ。5日目の朝シンガポールに到着します。17時間の超ロングトランスファーだったので、オプショナルのシンガポール デイユースプランを手配し、さらに楽しみをプラス!そして、6日目の朝に関空へ帰ってきます。

リゾート経験皆無なわたしたちが、クラブメッドでどれだけリゾートを満喫できるか?!帰国後、追ってレポートします♪

そしてモルディブから帰国!
クラブメッド・カニフィノール滞在レポート


プロローグ滞在レポート(その1)(その2)(その3)

▲ページのトップへ戻る