[ 神戸ルミナリエ2012 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



神戸ルミナリエ 2012

−光の彫刻 in 神戸−(2012.12.6)
晩秋からいっきに冬に突入した12月。神戸では、寒い夜に光をともして心を温めてくれる「神戸ルミナリエ」が開催されています。予算面で存続が難しいといわれている中、今回18回目の作品を見ることができました。20年近く経つと阪神淡路大震災を体験していないひとも増えてくるだろうけど、訪れるひとみんなに元気をくれるイベントであることは変わりないんだろな、と思ったりもします。
今年もここが出発点
フロントーネ 「記憶の扉」。
高さ15m、23基のアーチが
並ぶガレリア「空の回廊」。
スパッリエーラ「光の到達点」 なんだかふくろうの顔みたいで
幸せな気分に(^^)
光の記念堂「カッサ・アルモニカ」は、今年もそこにありました。
ソロピース「光の戯れ」は、LEDでクールな印象。
1.17希望の灯りは、今年も
スパッリエーラを眺めています。
東遊園地の出口にある
光の壁掛け。
神戸市役所の展望ロビーから見た東遊園地。
大きな写真
一段と明るく輝くスパッリエーラ。
大きな写真
ソロピースあたり。 ハーバーランドの方向も
よく見えます。

今回、ルミナリエの前年の収支報告を見てみました。収入面では、不況といわれる今でも、おもに企業協賛金(238百万円)に支えられていて、ちょっと安心しました。いつも自分たちが協力しているルミナリエ宝くじは40百万円、会場の募金は61百万円です。驚いたのが支出で、作品制作費(163百万円)と同じくらい警備費(148百万円)がかかっていること。交通規制にかかわる要員は、確かに多そうですが…。

2012年ルミナリエDATA
■会場 旧外国人居留地および東遊園地 (神戸市中央区)
※JR/阪神元町側から三宮方面への東向き一方通行です。
■開催期間 2012年12月6日(木) 〜 12月17日(月)
■点灯時間 午後6時頃〜午後9時00分
(金曜日は午後6時00分頃〜午後10時00分)
(土曜日は午後5時00分頃〜午後10時00分)
(日曜日は午後5時00分頃〜午後9時30分)
■主催 神戸ルミナリエ組織委員会
■テーマ

光の絆

■参考 神戸ルミナリエのホームページ

イベントショットメニューに戻る


▲ページのトップへ戻る