[ 東寺・夜桜ライトアップ2013 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



東寺・夜桜ライトアップ2013

(2013.3.31)
冬、週末に雪が積もったら京都に行こう!と思って常備していた京都までの昼得きっぷ(昼得といっても、土日は終日使えるJRのお得なきっぷです)。ところが、2月から3月にかけて寒い日が続いても雪景色には遭遇できず、気が付くときっぷの期限が間近に(×_×)期限ギリギリのこの日、諸事情により夜しか時間が取れなかったため、京都駅から徒歩で行けて、期間限定でライトアップを実施していた東寺に行ってきました。例年なら桜にはちょっと早いかもしれない3月末で、敷地内の桜はほぼ満開!現地には20時前に到着し、境内はそんなに広くないので簡単に見て回れると思っていたのですが、五重塔を主役にしていろんな角度を楽しんでいるうちに、閉門時間(21時半)になってしまいました…。昼得きっぷが背中を押してくれたおかげで、京らしい「寺+夜桜」の見事な景色を見ることができました(^ー^)
入ってすぐ、いきなりの美しい眺めに足が止まる!
不二桜(しだれ桜)と五重塔。
大きな写真
木造建築物として日本一の高さを誇る
五重塔は、ライトに照らされて一層
大きく見えます。
境内には、いろんな種類の桜が。
こちらは鮮やかな紅色のしだれと。
緑の葉が茂る木もありましたが、照明で
桜だけが浮かび上がり華やかな印象。
五重塔を池越しに見る。
大きな写真
池の向こうに、金堂(左)と講堂(右)。
水面に映る姿と合わせて、桜が倍増(^^)
五重塔から不二桜まで、約180度の眺め。
桜の間からのぞくように見える塔も、風情があります。
五重塔のまわりにはソメイヨシノが。 五重塔前の桜と。
金堂前から。時間が遅くなるにつれ、賑やかだったこの道にも静けさが訪れました。
国宝の金堂もライトアップ。 重文の講堂。金堂とともに、外から
仏像を拝むことができました。
講堂前から。 門の外からの眺め。
閉門後もしばらくはライトアップされていて、
外からもお花見ができたのがうれしかった♪

イベントショットメニューに戻る


▲ページのトップへ戻る