[ イルミ奈〜ら 2014-2015 冬 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



イルミ奈〜ら 2014-2015 冬

(2015.1.10)
年末年始明けの三連休初日、奈良・春日大社の萬葉植物園で開催されているイルミイベント「イルミ奈〜ら」(2015年2月22日まで開催)に行ってきました。

春日大社は奈良公園エリアの中でも、駅から離れた場所にあります。夜になると参道は暗いし〜と思っていましたが、光の帯で誘導してくれていて一安心。実は萬葉植物園に入るのははじめてで、どのくらいの規模か知りませんでした。実際は写真で想像していたよりは広いものの、歩くだけならそんなに時間がかからないかな。でも、鹿・藤棚・御所車と奈良らしいテーマを持ったイルミネーションがいろいろあって、立ち止まりながら、写真を撮りながらだと結構見ごたえあります(^^)
⇒ 行事の詳細はイルミ奈〜ら公式ホームページ
イルミ奈〜らの玄関はバス停「大仏殿春日大社前」すぐ。
灯籠の並ぶ道をしばらく進みます。
入場してすぐ目に飛び込む、奈良のイルミらしい光景。
使用しているLEDは、約100万個だそうです。
園内には奈良の鹿がいっぱい!
左の大きな写真
春日大社の春の風物詩、藤棚をLEDで再現。
着物を着た雅なオブジェも。 こちらにも家族連れの鹿さん。
歌泉堂まわり。LEDの樹々がズラリ。
奈良市指定文化財という
老巨樹 。
真っ赤に光る浮舞台。
静かな水面に映って光量2倍(^^)
大きな写真
御所車。宮大工さんの監修で制作された本格的なものだそうです。
背景には光の垂れ幕。
大きな写真
車輪の一部が消灯している(T_T)
簾越しに屋形の中のツリーが
見えます。
石碑へと誘われる。 稲わら干しも光を添えると
芸術作品のように見える(^^)
光で埋め尽くされた斜面。
波打つラインがまるで海原のよう。
畝のように並べられた光は…
萬葉植物園らしいLEDが集合したお花畑なのでした。
園内で咲いていた冬桜。 奈良からまたまた鹿のゆるきゃら。
「ならきち」 だそうです。

今回はJR奈良駅前に泊まった(恒例になりつつあるホテル日航奈良)ので、時間を気にせず夜の作品を鑑賞。…といっても、園内には暖かい場所も飲み物もないので、冬の寒空の下では限界がありました。入口のほど近くにあった甘酒、七草がゆの茶屋、夜も営業してたら間違いなく入ってたな…。(園内にあったかい飲み物のスタンドがあれば、繁盛すること間違いなし!)

帰りは奈良駅前までバス1本も魅力でしたが、ここは三条通りを歩いて食事で体を温めてから戻りました。
イベントショットメニューに戻る

▲ページのトップへ戻る