[ 国立国際美術館・プーシキン美術館展〜旅するフランス風景画 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



国立国際美術館・プーシキン美術館展〜旅するフランス風景画
4章 パリ近郊


クロード・モネ
「草上の昼食」
プーシキン美術館展の目玉。
26歳、印象派がうまれる前の作品。
ほぼ完成品のようにも見えますが、
下描きの最終段階だとか。
大きな写真
クロード・モネ
「草上の昼食」(部分)
(パリ・オルセー美術館、2005年撮影)
サロン出品を目指した最終作品。
傷みが激しく断片になっています。
下描きに比べ、陰影の表現が丁寧。
大きな写真
エドゥアール・マネ
「草上の昼食」
(オルセー美術館、2015年撮影)
モネ制作の2年ほど前サロンに出品、
裸婦が物議を醸しだしましたが、
画家への影響は大きいものでした。
最初「草上の昼食、初来日」ときいた
ときはコチラが来るかと思いました…。
大きな写真
カルル・ヴァン・ロー
「狩りの休息」
(ルーヴル美術館、2016年撮影)
18世紀初頭のロココ絵画。モネは
この作品から食事などモチーフの
ヒントを得ていたようです。
(かなり大型で存在感あります)
大きな写真
印象派の時代のモネ作品も展示されています。
クロード・モネ
「白い睡蓮」(1899年)
ジヴェルニーに居を構え、絵を描くための
庭を造ったモネは、睡蓮の絵を200点以上
残しています。こちらは初期の作品。
しっかり描きこまれている印象です。
大きな写真
クロード・モネ
「睡蓮」
(オランジュリー美術館、2016年撮影)
最晩年(1920-26年)の大作の一部。
水面に浮かぶ睡蓮も、映る木や空も、
ぼんやりもやがかかったような光景と
して描かれています。
大きな写真
アルフレッド・シスレーの風景画3点。
シスレーもピサロも、印象派の人でありながらなんとなく存在がうすい…
作品がさりげなさすぎるからかな、と思っています。クセがないというか。
じっくり鑑賞するよりは、窓の外をふと眺める感覚で楽しむ作品なのかなと。
カミーユ・ピサロ
「耕された土地」
パリ郊外、ポントワーズの風景。
この、ほぼ一面土色な感じ、なんか
誰かに似ていると思ったら…
大きな写真
ジャン=フランソワ・ミレー
「シャイイの平野」
(ベルヴェデーレ美術館、2017年撮影)
ミレーでした(ミレーは、より暗いですが)
こちらの作品の影響を受けたとも。
大きな写真
ポール・セザンヌ
「ポントワーズの道」
ピサロの上記作品と同じ村でも、
セザンヌが描くとこうなる。
全然違う風に見えますが、ピサロに
刺激を受けた作品とされています。
アンリ・マティス
「ブーローニュの森」
時代で変化するマティス作品。
美っていったい何?と思っていたら
マティス本人も習作のようなもの、
といっていたとの情報が(^^;

次は
5章 南へ〜新たな光と風景


プロローグ1.近代風景画の源流2.自然への賛美3.大都市パリの風景画4.パリ近郊5.南へ6.海を渡って


▲ページのトップへ戻る