[ 神戸ルミナリエ2018 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



神戸ルミナリエ 2018

−光の彫刻 in 神戸−(2018.12.7)
もう12月なのにあったかい日が続くね〜、と言っていましたが、24回目のルミナリエ初日の夜はなんだか冬らしい気候になりました。気温が下がると心なしか空気も澄んで、絶好のルミナリエ日和です。

前回、神戸ルミナリエ史上最多!といっていたLED電球の数。今年もまたその記録を更新し、約51万個の光を集めた作品が、神戸の街を彩っています。
フロントーネ
おとぎの国っぽいデザイン?例年と比べて色目がPOPな印象。
ガレリア含めた全長は270m。
左の大きな写真
ガレリアコペルタ
フロントーネの奥に続く、長さ50mの光の天井
右の大きな写真
ガレリアのフロント
新しい創造をイメージした日の出か。
大きな写真
その先のガレリア
こちらは港町らしく波をイメージ?
ガレリアのラスト
向こうに東遊園地が見えてます。
東遊園地から見たガレリア
光の壁掛け、スパッリエーラ。
大きくて正面の全景はむずかしい…
ピサの斜塔のような塔4+カッサ・アルモニカ1で兵庫5国を表しているそうですよ。
ちなみに5国は、摂津、播磨、但馬、丹波、淡路です(^^)
大きな写真 カッサ・アルモニカ前
いつも人気の募金スポット
光の小径のソロピース 募金コーナーもおそろい。
今年は兵庫県政150年。
去年もいたはばタン。
来年、神戸でラグビーワールドカップが
開かれるとか。
踊る!KOBE光のファウンテンは
協賛企業による作品展示。
大きな写真
水に映るスパッリエーラは、
噴水広場ならではの美しさ。
大きな写真

どんなに忙しい師走でも、このイベントを訪れておかないと年は越せない、とまで思ってしまう神戸ルミナリエ。来年も会いましょう、ってことで、いつものルミナリエ宝くじを買って帰ったのでした。

2018年ルミナリエDATA
■会場 旧外国人居留地および東遊園地 (神戸市中央区)
※JR/阪神元町側から三宮方面への東向き一方通行です。
■開催期間 2018年12月7日(金) 〜 12月16日(日)
■点灯時間 午後6時頃〜午後9時30分
(金曜日は午後6時00分頃〜午後10時00分)
(土曜日は午後5時00分頃〜午後10時00分)
(日曜日は午後5時00分頃〜午後9時30分)
■主催 神戸ルミナリエ組織委員会
■テーマ 共に創ろう、新しい幸せの光を
■参考 神戸ルミナリエのホームページ

イベントショットメニューに戻る


▲ページのトップへ戻る