[ どうでもいいプロフィール ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



Profile Title

joyphotoマスター「あ」のプロフィール

神戸市に生まれ、神戸市の山(山の手ではなく、いわゆる山を切り開いたニュータウン)に育つ。大阪での生活を経て、現在尼崎在住。

趣味は旅行?写真?まとめていうと「写真を撮りながら旅行をするのが好き」。デジカメ始めてから写真撮影にハマッた。写真の増えるペースが早く、写真の整理がすすまないことがもっぱらの悩み。以前は「日本のこともよく知らないのに海外なんて」と思っていたが、「海外を見たからこそ知ることができる日本もある」と思うようになった。

秘境志向から最近は欧州メインに。今後どんな旅人生となるのだろうか...。


自画像?
これまでに行った国と使った旅行会社
ツイッターでは、お出かけネタを中心につぶやいてます

デジカメ&ホームページ作成環境

【デジカメ】
 

<メイン>
PENTAX K-3:2400万画素デジカメ(2014年7月〜)
K-5のシャッターボタンの調子が悪くなってきたので買い替え。K-5 IIも考えたのですが、店頭でオートフォーカスの速さ(特にライブビュー時)が決め手となってK-3をチョイス。レンズは15倍まで撮れるsmc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMを引き続き使用。今まで使ってきたアクセサリー類をすべて継承できるのがいい!画質の面では、特に室内や夜景では解像度の違いを感じます。ホワイトバランスも自然に近づいた印象。その後、レンズは広角優先でHD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRに移行しました。

<サブ>
Panasonic LUMIX DMC-TZ60 (2014年7月〜)
近所にサクッと出かけるときのお供。前DMC-ZX1液晶ファインダーが映らなくなったため買い替え。修理しようと思っていましたが、最新機種が思いがけず値下がりしていたので購入。1810万画素、広角24mm、30倍ズーム、ライカレンズと大幅にグレードアップ!

<サブ2>
iPad mini4 (2015年10月〜)
普段はタブレットでの撮影。初代iPad miniより画質が上がって軽量になったので、twitter用の日常風景や料理はタブレットで撮影する頻度が高くなりました。デジタルズームは使いません。接写に強いのも便利です。


<歴代>
PENTAX K-5:1600万画素デジカメ(2011年2月〜)
  ISO51200という超高感度の魅力に一目ぼれ。デジタル一眼デビューとあいなりました。ISO3200でも、ザラザラ感は許容範囲(手ブレしてしまうことに比べたら、ずっとましです)。暗所撮影も三脚なしでがんばってます。購入当初はオーバー気味の露出に悩みましたが、ファームウェアのバージョンアップを繰り返しているうち、徐々に改善されているような?
Panasonic LUMIX DMC-ZX1(2009年9月〜)<サブ>
  8倍ズーム、25mm広角で、「もうちょっと寄りたい」「もうちょっとで全体が入るのに〜」というコンパクトデジカメにありがちなストレスがありません。海外でもちょっと撮りしたいとき、カメラ出し入れの負担がほとんどないので、とても重宝しています。暗い所では大きなカメラよりブレやすくなりますが、使い分けで快適になりました。見事に手ぶれ補正がきいた動画を撮るのも楽しいです。
FujiFilm FinePix S100FS:1110万画素デジカメ(2008年8月〜2011年1月)
  ケニアに動物を見に(撮りに)行くため、手軽に高倍率撮影する方法を模索中、14倍を超える高倍率が手動でさくさく扱えて、ネイチャーフォト撮影をターゲットにしたこのモデルを発見。山並みや空撮などののっぺりとした遠景や、ズームをきかしたシーンでピント合わせに弱さはありますが、合えばいい感じ。
KONICA MINOLTA Dimage A200:800万画素デジカメ(2005年12月〜2008年7月)
  広角28mm・手ぶれ補正つき・手動ズームレンズでありながら、これまでのA1の4/5の重さとコンパクトさは魅力!コニカミノルタのカメラ分野撤退が決まり、処分価格で4万円ほどになっていたのを購入。オプション在庫が激減していて、バッテリのあるところをネットで探し回りました(^^; A1に比べてバッテリのもちが短くなったのと、液晶ファインダが荒くなった点に少々不満ありますが、かわいいヤツです。
MINOLTA Dimage A1:500万画素デジカメ(2003年12月〜2005年11月)
  先代のE-100RSで慣れ親しんだ高倍率ズームと手ブレ補正は譲れない...。Panasonicのデジカメと悩みましたが、28mmという視野角とピント合わせの速さを買ってDimageを選択。
Olympus E-100RS:10倍ズームメガピクセルデジカメ(2000年12月〜2003年11月)
CASIO QV-7000SX:メガピクセルデジカメ(1998年10月〜2000年12月)
MINOLTA Dimage V:35万画素デジカメ(1998年5月〜1998年10月)

【ぱそ】
 
Panasonic レッツノート CF-S9

PhotoShop→デジカメデータ処理用、画像作成用
Illustrator→イラスト作成用
Dreamweaver→HTML作成用
Fireworks→たまに画像作成用
OS→Windows 7 64bit

<ひとこと>
7年以上R1を愛用してきましたが、デジカメの高解像度化が進むにつれ、いよいよ限界に…。S9は、2011年の誕生日にやってきました。使用ソフトも最新バージョンに更新し、すべてが快適になりました。




▲ページのトップへ戻る