[ 京都・三条通りと六角堂編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


京都・三条通りと六角堂編

2010年9月11日(土)
場所 京都市中京区
天気 晴れ

スポット 概要
三条通りのレトロ建築 通り沿いに点在する近代和風建築や洋風建築をめぐる。
京都文化博物館 京都の歴史と文化を紹介する京都府立博物館。
六角堂(頂法寺) 聖徳太子が開基したと伝えられる、六角形の本堂がある寺。

プロローグ

7/31から京都文化博物館で催されるという「古代メキシコ・オルメカ文明展」。古代遺跡の発掘品を展示する企画展は久々で、なんだか興味そそられます。しかも、日本の博物館で中南米ものというのは、かなり珍しいのではないでしょうか(エジプトやローマをテーマにした企画はたま〜にありますが)。メキシコ旅行の思い出にも浸れるしと、早速チケットを購入。でも、夏休み期間の京都は暑い上に混んでいるだろうしなぁ…ということで、9月に入ってから足を運びました。実際に人出はずいぶんと落ち着いたもので、企画展も常設展示もゆっくり見ることができました。

京都文化博物館は、三条通り沿いあります。せっかくなので、三条通りを歩きながら、レトロな建築たちを撮ることにしました。暑いさなかでしたが、この通りにはカフェも多いので、休憩を取りながらまったり散歩。最後に、古都京都らしい建物もおさえておこうと、少し南にある六角堂をお参りしてから帰路についたのでした。

オルメカ文明といえば、巨石で造った
オルメカヘッド。本物は来ていましたが、
これは撮影OKエリアに置かれた複製。
ヒスイの仮面や土偶といった遺跡からの発掘品、
石版に彫られたレリーフを採拓したものなどが、
展示されていました。
博物館にある「ろうじ店舗」の豆腐屋にて、
豆乳で作ったソフトを食す(^^)
豆腐風味ではなく、ホントに豆乳でした。
三条通りでは、レトロな近代建築を撮り歩き。
歩きつかれても、カフェには困りません。
あぶら取り紙で有名なよーじやのカフェもあります。

まずは、三条通りのレトロ建築

ぷろろーぐ三条通りのレトロ建築京都文化博物館六角堂(頂法寺)

▲ページのトップへ戻る