[ 紅葉の醍醐寺と随心院編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


紅葉の醍醐寺と随心院編

2010年11月28日(日)
場所 京都市伏見区、山科区
天気 曇り一時雨

スポット 概要
醍醐寺(その1) 真言宗醍醐派の総本山。弁天堂周辺を始め、境内に紅葉スポットが点在。
醍醐寺(その2)
醍醐寺(その3)
理性院 千体地蔵のある醍醐寺の塔頭。
醍醐天皇陵 住宅地に残る醍醐天皇の墳墓。
随心院(その1) 小野小町ゆかりの寺として知られる。苔の敷かれた庭園が美しい。
随心院(その2)

プロローグ
やっぱり晩秋というと紅葉を見に行かずにはいられない♪今年も紅葉+神社仏閣の京都を目指したのですが、この季節の京都は超がつくほどの混雑が予想されます。そこで、人気の東山エリアははずして、紅葉スポットをリサーチしてみました。すると、桜の名所である醍醐寺が、紅葉の見どころでもあるようです。バスを使わず地下鉄だけで行けるのもポイントが高い!ということで、今回の紅葉狩りは醍醐寺周辺に決定。

JR山科駅で地下鉄に乗り換え、醍醐駅から歩くこと10分。醍醐寺はさすが世界遺産だけあって、訪れるひとは絶えないですが、紅葉のベストシーズンにしては、ずいぶんと落ち着いたようす。下醍醐をくまなく散策し(庭園のある三宝院には入らず)、霊宝館で仏像や曼荼羅などの宝物鑑賞をし終えたところで、雨がパラパラと降ってきました。

醍醐寺ではすばらしい紅葉が見られたし、ここで満足して帰る、という選択もあったかもしれませんが、明るい西の空を眺めて「これは一時的な雨に違いない!」と確信、次なる紅葉スポットに向かうのでした。

途中、しばしば雨宿りをしながら、醍醐天皇稜を経由して随心院へ。着いた頃にはすっかり雨が上がっていました。庭園の紅葉は見ごろを迎えていて、ため息が出るほどの美しさ。アメニモマケズ、つくづくきてよかった!この日、随心院ではミス小野小町の撮影会がおこなわれていて、関係者の方々含め少々にぎやかでしたが、本堂ではゆったり紅葉鑑賞にひたることができました(^^)

帰りは、地下鉄小野駅から烏丸御池経由で京都駅へ。乗り換えのホームも烏丸線の電車も、人であふれかえっていました。う〜ん、やはり秋の京都の人気はすごい。

まずは、醍醐寺(その1)

ぷろろーぐ醍醐寺(その1)(その2)(その3)理性院醍醐天皇陵随心院(その1)(その2)

▲ページのトップへ戻る