[ 縄文探訪(松本〜甲府)編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


茅野市尖石縄文考古館(土偶)

長野県茅野市には2つの国宝土偶があります。いずれもこの尖石(とがりいし)縄文考古館に展示されていて、底面を除くあらゆる角度から、その姿をこころゆくまで眺めることができます。展示中かどうかは公式ホームページで確認できて(貸出中の場合もあるため)、館内の写真撮影も可能。縄文ファン必見のミュージアムです♪(逆にそれほど関心がなくても、実際にみると古代とは思えないその芸術性の高さに驚き、ファンになってしまうと思います)

■縄文のビーナス(国宝)
棚畑遺跡から出土。縄文時代中期の作品。身長27cm、体重2.1kg。今回見た縄文時代の土偶の中でも作りのよさは別格です。この形に似せたコピー土偶もあるほどで、当時の人からも大切に扱われていたとされています。1995年に国宝指定(縄文時代から発掘された国宝第1号)。
正面。粘土に埋め込まれた雲母の
キラキラが神秘的。耳の穴には
装飾品がつけられていたとか。
大きな写真
横顔。頭部のうずまきがキュート。
土偶は妊娠中の女性をモチーフに
したものが数多くあります。
後ろ。平たい後頭部とお尻が特徴的。
頭の穴に何がつけられていたかは不明。
空間をぜいたくに使い、発掘当時の
写真とともに展示されています。
■仮面の女神(国宝)
諏訪湖近くにある中ッ原遺跡から出土。縄文時代後期の作品。身長34cm、体重2.7kg。2014年に重文から国宝へ格上げされました。
正面。こちらも実は女性像。
大きな写真
横顔。前に突き出たおへそと
安定感のある大きな足が個性的。
背面も手を抜くことなく、
細工が施されています。
こちらは発掘された現場の状態を再現。
■その他
縄文のビーナスと仮面の女神の
国宝指定書。
縄文のビーナスのコピー土偶。
出来は全然違います(^^;
土偶は壊された状態で発掘される
ことが多い。
土偶は女性を象徴するもの。
こちらは男性の象徴、石棒。

次は、 茅野市尖石縄文考古館(土器)

ぷろろーぐ茅野市尖石縄文考古館(土偶)(土器)(全景ほか)井戸尻考古館山梨県立考古博物館釈迦堂遺跡博物館松本市立博物館松本城ホテル周辺(上土)

▲ページのトップへ戻る