[ 縄文探訪(山形〜宮城編) ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)

地底の森ミュージアムでは、旧石器時代の森とたき火のあとが残る富沢遺跡を、ポリシロキサンというケイ素化合物で処理して保存。屋内に遺跡をまるごと展示しています。
地下の展示室全景。
大きな写真
約2万年前(旧石器時代)の
たき火のあと。
横たわっているのは氷河期の樹木。
絶滅種トミザワトウヒなどの針葉樹。
地層の断面。
最初は明治〜弥生時代の水田跡の層、
掘り下げて縄文、さらに旧石器時代の
遺跡があることがわかったという。
■富沢遺跡からの発掘品(上階へのスロープに展示)
旧石器時代、石のハンマー(右)と剥片。 縄文時代、土器と石匙(さじ)。
弥生時代の土器と石包丁。 平安時代の須恵器。
■1階展示室
発掘品の展示室。 たき火あとの炭。
この木片は、自然にではなく一晩燃えて
黒くなったものであるとわかっている。
石器。 鹿のフン。
ニホンジカに近い種らしい。
■特別企画展
開館20周年を記念した特別企画展では、東北地方で出土した石の発掘品が展示されていました。縄文時代のものもあり(^^)いつもは土製のものに目が行きがちなので、石の加工品ってちょっと新鮮です。
縄文時代後期〜晩期、虫内T遺跡(秋田県)出土。
縄文時代晩期〜弥生時代、
薄磯貝塚(福島県)出土。
縄文時代後期〜晩期、
堀ノ内遺跡(秋田県)出土。
旧石器時代の石器と装飾品。峠山牧場T遺跡(岩手県)出土。
犬っぽいもの、魚の骨っぽいもの…
バリエーション豊かな異形石器。
縄文中期〜晩期。
泉山遺跡(青森県)出土。

石鏃(矢じり)と石錐(いしきり)。
石錐は皮などに穴をあけるためのもの。
縄文時代前期。
石江遺跡(青森県)出土。
【DATA】
所在地: 宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
料金: 一般 460円、高校生 230円、小中学生 110円
※2016/10/1より価格改定
※縄文の森広場にある展示室とのお得なセット券があるようです
開館時間: 9:00〜16:30
休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29〜1/3)
ホームページ: http://www.city.sendai.jp/kyouiku/chiteinomori/(仙台市)

次は、 仙台市縄文の森広場


ぷろろーぐ→【山形県】山形県立博物館古代の丘縄文村その他の縄文スポット文翔館(山形県郷土館)教育資料館→【宮城県】奥松島縄文村歴史資料館里浜貝塚貝層観察館東北歴史博物館地底の森ミュージアム仙台市縄文の森広場

▲ページのトップへ戻る