[ 縄文探訪(山形〜宮城編) ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


奥松島縄文村歴史資料館

松島観光の中心部から、松島湾をぐるりと回り込んだところ(湾の東側)にある奥松島。そこには大規模な「里浜貝塚」があり、これらの史跡からの出土品を展示しているのがこの資料館です。里浜貝塚からはさまざまな時期、用途の土器が出土していて、見比べるのも楽しいです。
資料館は、史跡公園として整備された縄文村の中にあります。
■土偶
動物的な顔を持つ土偶。
地元の小学生が見つけたとか。
大きな写真
鏡で背中の装飾も見れます。
耳のように見えるのは、
結った髪っぽいですね。
ヴィーナスラインと
赤の彩色が美しい土偶。
おもわず「玄さん!」と
呼びたくなる表情(^^)
■土器(4500年前)
大き目の把手と隆帯文が印象的。

この浅鉢、お隣とセットに
したいくらい(^^)
どっしりとした安定感!
どんぐり入れたら似合いそうな形。
厚みが薄めで、腕利きが作ったっぽい。
口縁の渦巻模様と胴体部分に斜めに入った撚糸文が特徴的。
右の大きな写真
■土器(4000年前)
人の顔が口縁にある「人面付土器」。
その表情はムンクの叫びのよう。
大きな写真
胴体は、丸みを帯びた形から
直線的な形へと変化しています。
■土器(3000年前)
黒く燻された土器たち。右は浅鉢、左は注口土器。
湯呑サイズの土器。 こちらはまるでグラタン皿!
晩期に入ると形のバリエーションが
格段に増えています。
台付の鉢も登場。
口縁部の突起が特徴的。
同様の突起がある深鉢も
ちらほらありました。
■土器いろいろ
海水を煮詰めて塩を精製するのに
使っていた「製塩土器」。
造形よりも実用重視なつくり。
(粗製土器)
ひび割れた土器に、穴をあけたもの。
紐を通し、補修したとされています。
煮炊き用だと液漏れしそうだから、
保存用でとられた方法かな。
旧石器時代から使われ、世界最古と
いわれる顔料「ベンガラ」。
それを入れていた小さな器。
ベンガラのパレットは貝殻。
ほんのり赤みを帯びています。
■その他いろいろ
館内には、貝塚からはぎ取った堆積物も展示されています。
貝殻、動物の骨などがあり、何を食べていたのかがよくわかります。
モリ、ヤスなど漁の道具、
タイ、フグの骨など出土品が並びます。
土製の耳飾り。
動物の骨で作ったヘアピン。 鹿の角で作った腰飾り。
腰につけた人骨が出土したとか。
【DATA】
所在地: 宮城県東松島市宮戸字里81-18
料金: 一般 400円、高校生 300円、小中学生150円
開館時間: 9:00〜16:30
休館日: 毎週水曜日、年末年始
ホームページ: http://www.satohama-jomon.jp/

次は、 里浜貝塚貝層観察館


ぷろろーぐ→【山形県】山形県立博物館古代の丘縄文村その他の縄文スポット文翔館(山形県郷土館)教育資料館→【宮城県】奥松島縄文村歴史資料館里浜貝塚貝層観察館東北歴史博物館地底の森ミュージアム仙台市縄文の森広場

▲ページのトップへ戻る