[ 京都洛北・鷹峯の紅葉めぐり ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


光悦寺

1615年、本阿弥光悦は徳川家康により鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰の三山を望むこの地(鷹ヶ峰光悦町)を与えられ、一族や工匠等が移り住んで芸術郷を築きました。光悦寺は、光悦の没後、日蓮宗の寺となったものです。
趣のある石畳の参道。
落葉が進み紅葉の絨毯に。
大きな写真
苔の上に散りゆく紅葉…。
本堂。 光悦が好んだ「光悦垣」。竹を
粗く斜めに組み割竹の束を乗せた
竹垣で、ゆるいカーブが特徴。
大きな写真
本阿弥光悦の墓。 光悦の孫であり、工芸家の
本阿弥光甫の墓。
茶室 大虚庵。
背後に天ヶ峰。
了寂軒。
本阿弥庵。
境内には7つの茶室があります。
目の前にそびえる鷹ヶ峰。
遠く京都の市街地が見えます。
【DATA】
所在地: 京都市北区鷹峰光悦町29
料金: 中学生以上 300円(紅葉の時期は400円)
開館時間: 8:00〜17:00
閉園日: 毎年11月10日~13日(光悦会)

次は、圓成寺

ぷろろーぐ光悦寺圓成寺源光庵常照寺高桐院

▲ページのトップへ戻る