[ さっぽろ雪まつりと北海道の考古に触れる旅 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


さっぽろ雪まつりと北海道の考古に触れる旅

2017年2月4日(土)〜2月6日(月)
場所 北海道札幌市、江別市
天気 くもり

スポット 概要
さっぽろ雪まつり 2017(大雪像・大氷像) 雪まつりの大型作品をあつめました
さっぽろ雪まつり 2017(中小雪像ほか) 市民による力作やその他のイベント
さっぽろテレビ塔 雪まつりの会場が見晴らせる絶景スポット
北海道立埋蔵文化財センター 北海道出土の考古資料を展示
札幌市埋蔵文化財センター 札幌市出土の考古資料を展示
北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎) 建物は重文。雪まつり期間中特別イベント開催
サッポロビール博物館 ビールの歴史を学ぶ。貴重なビールも飲める。
北海道大学総合博物館 大学が収集した発掘品や資料を展示。

ぷろろーぐ
まだまだ寒い2月初旬の北海道に、あえて2泊3日の札幌旅行。というのも、特典航空券が一番少ないマイルで行ける時期。しかも最終日に雪まつりも入れられるタイミングで空きがあったので、さくっと出かけることにしました。雪まつり期間は宿泊しない日程で、時計台近くにお手頃予算のホテルを見つけることができました。(ユニゾイン札幌。海外からの旅行客多し!)

当たり前ですが、札幌は町中雪だらけ。最初は感動的だった雪景色も、数時間も滞在すれば見慣れて当たり前の風景として受け入れている自分がいました。とはいっても、足元はやっぱり滑りそうであぶないので、駅から歩けないわけではないんだけどちょっと遠めの移動はタクシーが安心。サッポロビール博物館と北海道埋蔵文化財センターへはタクシーを利用しました。(とくにサッポロビール博物館は、タクシー続々でした)

1日目は昼過ぎについて、ANAクラウンプラザホテルでゆったりランチ(ビュッフェが制限時間なかったので、せっかく遠出してきているのに結構ゆっくりしてしまった(^^;)。ちょっとだけ北大の博物館に立ち寄って、サッポロビール博物館を観光しました。

2日目は縄文スポットDAY。北海道埋蔵文化財センターと札幌市埋蔵文化財センターで、北海道ならではの考古を楽しみました。いずれも移動にちょっと時間がかかり、2か所だけでまあまあいい時間になってしまいました。翌日にそなえて、この日は早めの就寝です。

3日目はいよいよさっぽろ雪まつり。大通りにも歩いて行ける立地で早朝は6時過ぎにホテルを出発し1時間半、朝食をとったあと休憩をはさんで2時間ほど散策しました。最後には赤れんが庁舎で縄文雪まつり(期間限定の縄文文化展示企画)も見れて、このタイミングで札幌に来れてよかったな〜とつくづく感じました。願わくば、次回は雪まつりのライトアップもみれたらうれしいな。


まずは、この旅のメインイベント
さっぽろ雪まつり 2017(大雪像・大氷像)


ぷろろーぐさっぽろ雪まつり 2017(大雪像・大氷像)(中小雪像ほか)さっぽろテレビ塔北海道立埋蔵文化財センター札幌市埋蔵文化財センター赤れんが庁舎サッポロビール博物館北海道大学総合博物館

▲ページのトップへ戻る