[ コルドバ編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


メスキータ(外観)

メスキータ=モスク。すなわちイスラム寺院なのですが、歴史を重ねキリスト教と混じりあった個性的な美しい寺院です。
イスラム王朝である後ウマイヤ朝時代にアブデラマン1世により建設されました。レコンキスタでキリスト教徒の手にコルドバの地が戻ると、キリスト教会を建設するため一部を破壊してしまいました。キリスト教会建設の許可を与えた国王カルロス1世は、ハネムーンでコルドバを訪れたときはじめてメスキータを目にし、その美しさに愕然とし、それ以来改築はおこなわれていないということです。
アルミナル塔 オレンジの中庭
アルミナル塔(ミナレット)。
オレンジの木が並ぶオレンジの中庭。
テアネス門 パラシオ門
テアネス門(メスキータ出口)。
細工が残るパラシオ門。
トリホス通り メスキータ
メスキータ西側のトリホス通り。
グアタルキビール川沿いから見えるメスキータ。
← コルドバトップに戻る メスキータ(内部その1) →

プロローグメスキータ(外観)メスキータ(内部その1)メスキータ(内部その2)花の小径

▲ページのトップへ戻る