[ 第34回なにわ淀川花火大会 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



第34回なにわ淀川花火大会

(2022.8.27)
2022年8月27日、大阪で久々に花火大会が催されるとのことで、混雑の心配なく涼しいプライベート空間でなにわ淀川花火大会を楽しめるホテルプランを申し込みました。
アートホテル大阪ベイタワー

2017年にも同ホテルのプランを使っています。(2017年のなにわ淀川花火大会の様子はこちら)会場からはちょっと離れているものの、作品は見えるし予算もお手頃なので2回目の利用、5年ぶりとなります。

17時からの夕食がついていて、早めにチェックインし撮影機材をセッティングしました。室内照明対策も、前回活躍したレンズスカートでバッチリです。

部屋は24階で、このホテルの中では低層階。以前は多分40階以上で淀川から花火が上がっている景色でしたが、今回はビルの合間から上がってる感じです。花火は見えましたが、上のフロアの方が100%見えてる実感はあります。

アートホテル大阪ベイタワー24階の高さはこのくらい。
スターマインは手前の建物でちょっこっと隠れてしまう部分も。

今回の花火たち。撮った順に並べています。
19時半、華々しくスタート!
大きな写真
花火のエンタメ性アップ、進化しています。
大きな写真
色も形もさまざま。
造形の組み合わせが見事。
大きな写真
大きな写真
大きな写真 大きな写真
大きな写真 大きな写真
大きな写真 大きな写真
大きな写真 大きな写真
いろんなバリエーションありますが、
やっぱり大輪が開くとうれしい。
大きな写真
カラフルでPOPな花火たち。
キャンディーみたいでかわいい。
大きな写真
動きも開き方も独特の花火。
大きな写真
小技がきいています。
大きな写真
大きな写真 まるで色相環。見事な多色使い。
大きな写真
赤い差し色がモダンな印象。
大きな写真
リボンのように開く花火も。
大きな写真
花束のようにも見える花火も。
大きな写真
大きな写真
カラフルな炎がランダムに飛び交う。
大きな写真
クライマックス、次々と上がる花火。
光も煙も量のレベルが違います。
大きな写真

花火大会のテーマは「Re:start」。日本の夏の風物詩が、3年ぶりに淀川に帰ってきてくれました。コロナ禍でなくなってしまったものもありますが、たいへんなときを乗り越えて進化を遂げて戻ってきてくれるのはとてもうれしいし、こちらも元気をもらえます(^O^)
なにわ淀川花火大会公式サイト

イベントショットメニューに戻る

▲ページのトップへ戻る