[ ガウディ建築とバルセロナの美術編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


サグラダ・ファミリア(外観)

サグラダ・ファミリア(聖家族教会)は、1883年からガウディが手がけた、バルセロナのモデルニスモの象徴的な巨大建造物(高さ170m)。ガウディは、1914年から亡くなる1926年まで、ほかの仕事を一切断りサグラダ・ファミリアに専念しました。すでに完成している誕生のファザードと地下聖堂の部分が、2005年世界遺産に追加登録されました。
■サグラダファミリアと池
ガウディ広場からのサグラダファミリア定点観測(縦パノラマ)!
午前のサグラダファミリア 日没直後のサグラダファミリア 夜のサグラダファミリア
午前。大きな岩山に陽が当たっているよう。 日没直後。昼間より大きく見える。 夜。闇に浮かんで神秘的。
■誕生の門
生誕のファザード 彫刻と観衆
生誕のファザードは、1904年に完成。
イキイキした彫刻にうっとり。
大きな写真
羊飼いの礼拝 ニワトリ
羊飼いの礼拝。ここでは犬や羊が登場。 草木に囲まれてニワトリも。
カメレオン 海ガメ
「自然の変化」の象徴、カメレオン。 柱の下には「変わらざるもの」の象徴、亀が。
海側には海ガメ(写真)、山側には陸ガメ。
■受難の門
受難のファザード 受難のファザードを見上げる
生誕のファザードとはまったく違う
デザインの受難のファザード。
苦しみを表現するため、
直線的で硬い作品とした。
イエスの十字架礫刑 ローマ兵とガウディ
イエスの十字架礫刑。
足下の頭骸骨は死の象徴。
(この頭骸骨で高さ1mほどある)
右はカサ・ミラの煙突のかたちをした
兜をかぶったローマ兵。
左はガウディをかたちどったもの。
■後陣の動物たち(排水口)〜その愛くるしさにもう夢中!
サラマンダー とかげ
サラマンダー。 とかげ。
カエル カタツムリ
カエル。 カタツムリ。
■夜景
生誕のファザードライトアップ 受難のファザード
生誕のファザードは照明で明るく、
まさに希望を与えてくれる。
受難のファザードは、薄暗く寒々しい。
(撮影困難なほど...)
【DATA】
所在地: Mallorca401
地下鉄サグラダファミリア駅からすぐ。
開場時間: 10月〜3月 9:00〜18:00
4月〜9月 9:00〜20:00
※1時間前までに入場
休館日: 12/25・12/26、1/1・1/6は午後閉場
料金: 8ユーロ(エレベータは別途2ユーロ)
※グエル公園にあるガウディ博物館とのセット券は9ユーロでしたが、有効期限が当日限りか、数日間なのかわからなかった...。
URL: http://www.sagradafamilia.org/eng/
次はサグラダ・ファミリア(教会内部)
ぷろろーぐサグラダ・ファミリア(外観)サグラダ・ファミリア(教会内部)サグラダ・ファミリア(塔と資料館)グエル公園(その1)グエル公園(その2)カサ・ミラ(外観と屋上)カサ・ミラ(内部の部屋)カサ・バトリョ(外観)カサ・バトリョ(内部と屋上)コロニア・グエルカサ・ビセンスカサ・カルベットフィゲーラス邸その他ガウディサン・パウ病院カタルーニャ音楽堂ミロ美術館バルセロナ(その他)

▲ページのトップへ戻る