[ 国立国際美術館・プーシキン美術館展〜旅するフランス風景画 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集



国立国際美術館・プーシキン美術館展〜旅するフランス風景画
5章 南へ〜新たな光と風景


パリに集まり、身近にある街の風景やひとびとの暮らしを描いてきた画家たち。
鉄道のおかげで、自然豊かで色鮮やかな南フランスが身近に。
ポール・セザンヌの作品、左から「サント=ヴィクトワール山の平野、ヴァルクロからの眺め」(1882-85年)「庭園の木々」(1885-1887年)「サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め」(1905-06年)。時代によって、色使いやタッチの違いが見比べられておもしろい。
ポール・セザンヌ
「サント=ヴィクトワール山」(1887-90年)
(オルセー美術館、2016年撮影 )
セザンヌは、故郷にあるこの山の絵を
生涯で30点以上も描いています。
ポール・セザンヌ
「カード遊びをする人々」
(オルセー美術館、2016年撮影)
セザンヌは印象派とされていますが、
色彩がどんより気味の絵もしばしば…
透明感あるルノワールやモネとは
ちょっと違う印象。どういう部屋に
飾るのがいいのだろう?
アルマン・ギヨマン
「廃墟のある風景」
一面ピンク色で、きれいな色あい。
吉野の桜みたいな印象ですが、季節は秋、
夕方の赤みがかった光を帯びた
山と空の風景でした。
ルイ・ヴァルタ
「アンテオールの海」
この作品を目の前にしたとき、
強く反射する光とシルエットになった岩で
すごくまぶしそうって感じました。
日本でも出会えるかもと思える風景。
アンドレ・ドラン
「港に浮かぶヨット」(1905年)
フォービズム時代の作品。
パッと見マティスか?とも思える色使い。
実際、影響し合っていたようです。
アンドレ・ドラン
「アルルカンとピエロ」(1924年)
(オランジュリー美術館、2015年撮影)
ドランは、フォービズムからキュビズム、
古典主義と変化、彼らしさを理解する
のは結構難しい。
大きな写真
ピエール・ボナール
「夏、ダンス」
ナビ派、ボナールの作品。
日本美術の影響も受けており、
影などがなく平面的な印象。
ピエール・ボナール
「バスローブ」
(オルセー美術館、2016年撮影)
縦横比、衣服の模様など、浮世絵の
影響をかなり色濃く感じる作品。
大きな写真

次は
6章 海を渡って/想像の世界


プロローグ1.近代風景画の源流2.自然への賛美3.大都市パリの風景画4.パリ近郊5.南へ6.海を渡って


▲ページのトップへ戻る