[ シリア編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


パルミラ(アラブ城からの夕景)

パルミラは隊商都市として栄えた町です。特にペトラが衰退してからはヨーロッパとアジアを結ぶ中継地の要所として繁栄。カラカラ帝の時代には(税金が免除される)ローマの植民地として認められ、商業人の町パルミラはさらに裕福となりました。しかしながら、3世紀後半にあらわれた美しき野心家ゼノビアにより状況は一転。独立と周辺の支配を目指した政策は、ローマのアウレリウスの怒りを買い、ローマ軍の侵攻によりパルミラは壊滅します。その後、ビサンチン、イスラムの時代を経て、要塞から廃墟になっていきます。アラブ城は、17世紀になってからこの一帯の警備のために建てられた城塞で、現在では6平方kmと広大なパルミラの遺跡を一望できる特等席となっています。古代都市パルミラは、1980年世界遺産に登録。
アラブ城の入口。 しばらく窓がなく迷路のような
アラブ城内部を歩きます。
外に出ると視界が開けた
景色が目の前に!
夕刻に近づくにつれ、薄紅色に。
大きな写真(130KB)
紀元前19世紀の書物にすでにタドモール(アラム語で「ナツメヤシの町」)としてあらわれる
パルミラ(ラテン語の「ヤシの町」)。今でも乾燥した砂漠の中に、緑のナツメヤシが広がっています。
スポットの名称入り大きな写真(130KB)
アラブ城ではこんなスタイルでも
撮影できます(^^;
夕焼けに包まれる空。
暗闇に包まれると、一部の列柱が
ライトアップされます。
アラブ城もライトアップされ、
要塞の形相を醸し出しています。
【DATA】
所在地 ダマスカスから北東へ約230km
営業時間 <アラブ城>10:00〜日没※かなり暗くなるまで粘りました。守衛さんゴメン(^^;
<ベル神殿>8:00〜16:00(夏は8:00〜13:00、16:00〜19:00)
入場料 <アラブ城>150シリアポンド
<ベル神殿>200シリアポンド
次はパルミラ(早朝散歩)
ぷろろーぐパルミラ(その1)→パルミラ(その2)→パルミラ(その3)→パルミラ(その4)→パルミラ(その5)→ボスラ(劇場)ボスラ(街並み)ウマイヤドモスクアゼム宮殿スーク・ハミディーエシリア国立博物館聖アナニア教会と聖パウロ教会カシオン山マルーラ

▲ページのトップへ戻る