[ ピマイ遺跡とバンコク編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


ワット・ポー

ワット・ポーはバンコク最古かつ最大の寺院で、タイ最大の涅槃仏が安置されています。建立は16世紀、18世紀に入って改修・拡張が始められ、ラーマ3世が涅槃仏ほか現在のワット・ポーのほとんどを作り上げました。
仏堂。 体は金箔、瞳と足は真珠貝の象嵌細工。
足側からは涅槃仏全体を
見ることができます。
長さ46m、高さ15m。 足の裏には108の幸運のラクサナ(仏陀の特徴)。
涅槃仏の後姿。体は意外に薄い。 108の壷にカラーン、カラーンとコインを
入れて、煩悩を捨てるひとたち。
境内にはたくさんの仏塔が並ぶ。 釈迦が亡くなった公園にあり、
仏教では聖木とされる沙羅双樹。
柱廊に描かれたタイ式マッサージの教材。現在も研修が受けられるそう。
(オプションで行くようなきちんとした店で雇われているマッサージ師は、ここで教育を受けることが多いのだとか)
【DATA】
所在地 MAHARAJ ROAD, PRANAKORN, BANGKOK 10200 THAILAND
開館時間 8:00〜17:00
料金 50バーツ
海外の旅ねたトップに戻る

ぷろろーぐ→【イサーン】ピマイ遺跡(その1)ピマイ遺跡(その2)ピマイ国立博物館パノムワン遺跡パノムルン遺跡ムアンタン遺跡ナコン・ラチャーシマーダーン・クウィアン →【バンコク】 ワット・プラケオ&王宮(その1)ワット・プラケオ&王宮(その2)ワット・アルン(暁の寺)ワット・ポー

▲ページのトップへ戻る