[ ルクソール編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


カルナック神殿1

カルナック神殿はアメン神をまつる神殿です。アメン神はもともとルクソールで信仰されていた地方の神でしたが、紀元前2000年頃テーベとなってから太陽神ラーと結合してアメン・ラーとなり、国家神としてまつられるようになりました。
カルナック神殿とスフィンクス参道 スフィンクス達
カルナック神殿とスフィンクス参道

第1塔門の高さは43m、幅は113m。参道に並ぶスフィンクスは40体。かつてはルクソール神殿まで並んでいたといわれています。
スフィンクス達

羊の頭をもつアメン神の聖獣スフィンクス。スフィンクスの前足の間にはラムセス2世の像が立っています。
塔門作成中 ラムセス3世神殿
つくりかけの第1塔門

土を盛っていきながら日干しレンガを積み、土を削除しながら彩色やレリーフが施されていったと考えられています。
ラムセス3世神殿

ラムセス3世神殿の中庭のオシリス柱列柱廊。ラムセス3世像は16体並んでいます。
神殿のあちこちに見られるファラオ像 パネジェムの巨像
神殿のあちこちに見られるファラオ像

エジプトのファラオ像が踏み出しているのは、なぜかいつも左足です。
パネジェムの巨像

第2塔門前にあるラムセス2世の像。足の間に立っているのは王女ベントアナト。
← ルクソールトップに戻る カルナック神殿2 →

カルナック神殿1カルナック神殿2ルクソール神殿1ルクソール神殿2メムノンの巨像デル・エル・バハリ王家の谷(ラムセスIV世)王家の谷(ラムセスVI世)

▲ページのトップへ戻る