[ 上野・国立博物館&美術館めぐり編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


黒田記念館

遺族から寄付を受け、黒田清輝の作品を多く収蔵している黒田記念館。年に3回(新春・春・秋)特別室の扉が開き、代表作品を心ゆくまで鑑賞することができます。
(日本人の洋画家で巨匠といったら、わたしの中では黒田清輝と小磯良平です)
黒田記念館はトーハクから少し
歩いたところにあります。
館内にある黒田清輝の胸像。
高村光太郎の作品。
代表作を次々と生み出した(制作に打ち込めた)時代の
作品を展示している「特別室」。期間限定で開室。
壁、天井、照明、間隔…黒田作品がもっとも映えるよう
設計された部屋、という印象です。
読書(1891年)。
フランスのサロンで入賞。
大きな写真
舞妓(1893年)(重文)
他の作品と違った印象の
タッチと色使い。
湖畔(1897年)(重文)
水彩画のようなやさしい色彩。
智・感・情(1899年)(重文)
当時は裸婦というのが物議を醸したそう。
大きな写真
黒田記念室。こちらは常時見ることができます。
黒田といえば女性のイメージですが、
静物画もさすがです。
アトリエを再現。
【DATA】
所在地: 東京都台東区上野公園13-9
料金: 無料(寄付)
開館時間: 9:30〜17:00
ホームページ: http://www.tobunken.go.jp/kuroda/

次は、 国立西洋美術館(外観と庭)

ぷろろーぐ東京国立博物館・平成館(縄文)平成館(弥生)平成館(古墳)平成館(飛鳥以降)本館(縄文・弥生・古墳)本館(仏教)本館(屏風・掛軸)本館(浮世絵)本館(工芸)黒田記念館国立西洋美術館(外観と庭)(本館)(新館)国立科学博物館(日本館)(地球館)

▲ページのトップへ戻る